K・Hさん

12月も半ばに差し掛かり、入学してから半年以上が経ちました。前回はハサミの持ち方に慣れるまでの苦労について書きましたが、今回は顔カットの事について書こうと思います。

初めて顔カットに挑戦したのは2か月程前でした。最初のうちは顔のカットがどのようなものなのかを知るために比較的やりやすいダックスやチワワなどの犬種から入ります。顔カットの際にはバリカンをかけないといけないのですが、首の辺りは複雑なつくりになっていてバリカンを綺麗にかける事はとても難しく慣れるまでとにかく練習を繰り返し、長い時間を費やしました。バリカンをかけた後は顔の周りにできた段差をなくすためにすきバサミを使ってひたすら馴染ませ、耳は要望に沿った形に綺麗に整えます。特に耳にバリカンをかける際には細心の注意を払ってバリカンの当て方に気を付けながらかけるのですが、学長にやり方を教わって頭の中では分かっているのに手元が思うように動かない事にやりにくさを感じながらも、回数を重ねていくうちになんとなくの感覚を掴んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はプードルの顔カットにも積極的に入るようになり、プードルはダックスやチワワに比べると顔・頭の形を作るところから始まり、顔のラインを作る事が基準になります。

右と左で対象にカットしますが手の動きが追い付かなくて、どのようなハサミの入れ方をすれば良いのか考えながら切るのは非常に難しく、今の自分の苦手な事の一つです。学長や先輩方にカットの順番や形などを教わりながら少しずつではありますが、順序に沿って切れるようになってきました。

ワンちゃんによって顔の形や顔の長さなど全く違うのでその子に合ったカットをしなければなりません。

お客様のご要望に合わせてカットをしていくのは自分にとってはまだまだ難しくて、毎日試行錯誤しながらカットをしています。

それでも、自分が前より出来るようになることが増えるととても嬉しいです。日々、自分が苦手な事と向かい合いながら成長を感じつつ努力しています。

これからも自分が得意なことを探りながら伸ばしていきたいです。

2024年6月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30